ヘッダー画像

ウィッグをアレンジして楽しもう

一昔前までは「かつら」と言えば薄毛を隠すためのアイテムでした。最近ではファッション性が高まり「ウィッグ」として若い女性たちに人気です。

特に、若い女性たちの間で大変支持を得ているきゃりーぱみゅぱみゅもウィッグを使用していることで有名です。彼女がブログで紹介した商品は瞬く間に売れてしまうほどの人気ですね。


最近のウィッグは人工の毛でも見た目やさわり心地がリアルになってきていますが、リボンや帽子などのアクセサリーと合わせてアレンジするとより自然に見せることができるのでおすすめです。是非、きゃりーぱみゅぱみゅのようなオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。


アレンジを加えて自分らしく!


くみっきーがプロデュースしたウィッグはくみっきー自身がユーザーとしてカラー、カット、長さ、触り心地、浮にくさ、静電気の起こしにくさに至るまで、徹底的にこだわって製作されました。8タイプのデザインがあり、それぞれファッションテイストやその日の気分に合わせて髪型も髪色も自由自在に変えることが出来ます。高品質にこだわってはいますが価格は3990円からとプチプライスなので、学生から大人まで幅広い客層が楽しむことが出来ます。初心者はパッとかぶってウィッグのお手軽さを味わうことができますし、中上級者はアレンジを加えて変化を楽しむこともできます。


簡単ヘアアレンジ


ヘアアレンジをしたいけれど、器用でないのでなかなかうまくいかず、結局いつもと代わり映えしない髪型になってしまったという経験はないでしょうか。結婚式のときなど、美容院に行くのは時間もお金もかかってしまうので自分でできれば済ませてしまいたいものです。

そこで便利なのがウィッグです。さっとつければすぐに印象を変えることができます。お手入れが面倒そうだというイメージがありますが、そんなに難しいお手入れは必要ありません。専用のスプレーを噴霧して、ブラシで軽くとかしていくだけで完了してしまいます。お気に入りのウィッグを見つけてみましょう。


髪型のアレンジについて


ウィッグは結婚式やパーティー、お祭りなどさまざまなシーンで手軽に使うことのできるファッションアイテムです。

ウィッグを使ったヘアアレンジを知りたいという場合は、インターネットで検索してみると良いでしょう。

どの商品を購入したら良いのか分からず迷っている時は、人気商品のランキングをチェックしてみるのがオススメです。

ランキングで人気のウィッグはそのままでも十分かわいいのですが、前髪をカットしてみたり、髪の毛を少し切ってみるのも良いかもしれません。

また、耐熱ファイバー製の毛髪なら、コテを使用してカールさせたり、ヘアアイロンでストレートにしたりすることもできるでしょう。

無駄な部分は綺麗に処理をしておく


髪の毛は女の命とも言われています。しかしムダ毛の処理はきちんとしておかないと女性としては致命的です。最近では脇毛の処理を染色で対応する人も世界には増えてきているようですが、まだまだ日本人にはその文化は定着していないのが現状です。

ワキの毛が生えているのは論外ですが、結構うなじなどもぼさぼさになっているときになる男性が多いのも現実です。

しかしうなじなどのムダ毛処理を完ぺきにしようと思ったら、合わせ鏡で処理するしか自分ではすることができません。なのでお勧めなのがお金はかかってしまいますが、脱毛サロンで処理するとい方法です。これだと半永久的に次の毛が生えてくことがないので、これからのムダ毛処理ライフを快適なものにすることができるからです。脱毛サロンの中でもお勧めなのはエタナールラビリンスです。

ココは略してエタラビといわせてもらいますが、このエタラビは口コミ評価がいいということでとても有名です。しかも余計なテレビシーエムや広告を使用していないので、その分他の脱毛サロンよりも幾分か安く施術してもらうことができるのです。もしあなたがムダ毛の処理でお悩みなら、エタラビの口コミを調べて、チェックしてみてはいかがでしょうか?

からんさ しんぶん




脱毛は熱を利用して行います



熱さを利用してワキや脚の見苦しいムダ毛の処理をするサーミコン式と呼ばれる誰でも楽に使える脱毛器は、チャージする必要性がありません。

そのため、連続して体毛を処理するのが可能になっており、他と比べた場合でも時間をかけずに毛を抜くことができます。


サロンへワキ脱毛しに行く時、一番悩むのがカミソリでのワキの処理です。

大多数のサロンではワキ毛の長さが1〜2ミリくらいがきれいに脱毛しやすいと言われていますが、万が一担当者からの説明がなければ施術日までに質問するのが最適です。


痛そうでビビっている自分がいましたが、あるファッション誌で有名な読者モデルがエステティシャンによるVIO脱毛に関する体験談を掲載していたことが発端となって恐怖心がなくなり、店舗へ出かけたのです。